各科・委員会からのお知らせ > 

韓国の総合診療医であるKye-Yeung Park先生を受け入れました。

 県北西部地域医療センターでは日本プライマリ・ケア連合学会後期研修プログラムにおける交換留学の一環で、韓国の総合診療医であるKye-Yeung Park先生を受け入れました。
 滞在初日には国保白鳥病院でPark先生に「韓国の総合診療医とは」という講演をしていただきました。 韓国の医療の仕組みとその課題、また総合診療医が次第に認められ力を発揮して未来へ向かっている状況をわかりやすく教えていただきました。
 日本と類似した医療環境の課題は示唆深く、また総合診療医がどんな医者でなぜ必要なのかを考えさせられる貴重な機会となりました。