病院からのお知らせ>

国保白鳥病院における新型コロナを含む感染対策について。

 

感染対策の基本

  • 最も大切な感染対策は、手指衛生(手洗い消毒)とマスク着用です。

  • 患者様、面会をされる方には、玄関でアルコール消毒をしていただき、受け付けでマスクの着用を確認しております。

  • 受け付けでのシートは、お互いがマスクをしていれば必要ありません。
    シートは常時消毒出来ないため、患者様が触れることにより、かえって感染源になる可能性が高いため設置しておりません。

発熱者の対応

  • 発熱のある患者様には、事前に電話等で申し出ていただき、発熱外来(専用スペース)で対応させていただいております。
  • かかりつけ患者様が多い当院では、予診の基本診察で正確な体温測定をしております。

  • 発熱者の受診をお断りすることは無いので、予診で検温すれば全く問題はなく、玄関での不特定多数を想定した機械的な検温(正確な体温は測れません)の実施は必要ないと考えます。

面会制限について

  • 当院の地域包括ケア病床に入院されている患者様は高齢の方が多く、ご家族との面会を一律に禁止することは、患者様の治療に対し支障が大きいため行っておりません。

  • 受付において発熱や体調不良の方の面会はお断りしており、面会される方には、マスクの着用、手指衛生を徹底していただき、面会記録の記入をお願いしております。

感染拡大への対応

  • 現在は、皆様のご協力のもと感染防止対策を行っていただいておりますが、皆様にご協力いただけない場合は、さらなる制限を実施する場合もございます。

  • 現在郡上市においてはクラスターの発生もなく、感染が広がっている状況にはありません。 しかし、今後市内において感染が拡大する状況になる恐れがある場合は、さらなる制限をお願いさせていただきます。