病院からのお知らせ>

郡上高校にて「市内病院共同ガイダンス」を開催しました。

 2018年7月18日(水) 将来の医療従事者確保のため、医療系学校への進学を考えている郡上高生とその保護者を対象としたガイダンスを市内3病院が開催しました。
 看護師を目指す生徒8名と保護者1名が参加、鷲見病院、郡上市民病院、国保白鳥病院の職員が施設紹介や奨学金制度、福利厚生などの説明をしました。 その後、病院で働いている若手職員との懇談会があり、当院看護師の肥田野ちえこさん、蓑島実咲さんが参加し、質疑応答や進路相談、医療職の魅力などについて語りました。
 参加者からは「看護師になって良かったことは」「看護師資格を取るために苦労したことは」などの質問がありましたが、二人は自身の経験をふまえ丁寧に答えていました。 二人からは「郡上の医療職場は託児や休暇などの子育て環境が充実していて働きやすい」「看護師は一生続けることができ、やりがいのある仕事、ぜひ頑張って資格を取り、いずれ郡上に戻って活躍してください」とエールを送りました。