訪問看護ステーション


訪問看護ステーションのスタッフ

 国保白鳥病院では、平成21年1月1日から訪問看護ステーションを設置しました。
 訪問看護ステーションは、要支援・要介護の状態にある方や、病気、けがなどにより家庭において療養が必要な方に、 住み慣れた環境の中で安心して生活が送れるよう、かかりつけ医の指示を受けた看護師、 保健師、理学療法士が定期的に訪問し、看護やリハビリテーションを提供するものです。
 ステーション化により、かかりつけ医が白鳥病院以外の場合にも訪問が可能になりました。

訪問看護ステーションの営業時間

毎週月曜日から金曜日。
時間は午前8時30分から午後5時までです。
ただし、国民の祝日及び12月29日から翌年の1月3日までを除きます。
電話等により24時間連絡が可能な体制をとっています。

訪問看護ステーションのサービス内容

○健康状態の観察
 ・血圧、体温、呼吸、脈拍の測定
 ・症状の観察と助言

○日常の看護
 ・身体をきれいにしたり、寝たきりや床ずれの予防や処置
 ・カテーテルなどの管理
 ・療養上のお世話の仕方についてのアドバイス

○認知症の看護
○リハビリテーション
○ターミナルケア
各科へお尋ねください。