訪問看護ステーション


訪問看護ステーションのスタッフ

運営方針

 利用者様の心身の特性を踏まえて、居宅内においてその有する能力に応じ可能な限り自立した日常生活営むことができるよう、心身機能の維持回復を目指して療養生活を支援します。

特色

 24時間365日安心を支える訪問看護サービスを目指して活動しています。
 病気や障害を持った方が、住み慣れた地域や自宅でその人らしく療養生活を送れるよう利用者様や家族の思いに寄り添いながら支援します。
 その人に合ったリハビリテーションを提供します。必要な場合はリハビリ専門職(理学療法士・作業療法士)が訪問します。
 地域で暮らす赤ちゃんから高齢者まですべての年代の方に、多職種と連携し一人ひとりに必要な支援を行います。

訪問看護サービスの内容

  • 症状の観察 
    病気や障害の状態・血圧・体温・脈拍などのチェック、異常の早期発見
  • 床ずれの予防・処置
  • (床ずれの防止の工夫や指導、床ずれの手当て)
  • リハビリテーション
  • (身体機能低下に対する運動療法、基本動作及び日常生活動作の訓練、住環境や福祉用具の助言、安全な動作手順や介助方法及び自主訓練手順の提案)
  • 介護者の支援・相談
  • 介護方法の助言、病気や介護の不安の相談など
  • 医師の指示による医療処置・医療機器の管理
  • 点滴、カテーテル管理(胃ろう、尿留置カテーテルなど)、インスリン注射など
  • ターミナルケア
  • (がん末期や終末期を自宅で過ごせるよう支援)
  • 認知症のケア

実施地域

白鳥・高鷲・大和

営業時間

 毎週月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで。但し、国民の祝日及び12月29日から翌年の1月3日までの日を除きます。
 但し事業所は電話等により24時間連絡等が可能な体制とします。