病児保育

 児童が病気の回復に至らない場合であり、かつ、当面の症状の急変が認められない場合において、当該児童を病院に付設された専用スペースで一時的に保育する事業です。

保育内容

  • 医師及び看護師の指導のもと、保育士が病状の記録・検温、与薬、下着やおむつ交換・排泄、安静、遊び(ビデオ・本・玩具)などのお世話をします。
  • 看護師が適宜様子をうかがいに行きます。
  • 病児の症状などに変化があれば、すぐに対応し、ご連絡します。

ご利用できる方は

  • 入院を必要としない程度の軽い急性期の病気や病気の回復期に至っていないことから集団保育が困難であり、かつ保護者の勤務等の都合により家庭で保育を行うことが困難な児童であって生後6ヵ月〜小学校3年生までの児童。
  • 感冒(かぜ)、感染性胃腸炎(おう吐下痢症)、おたふくかぜ、風疹、水ぼうそう、とびひ、気管支喘息、その他医師が利用可能と判断した病気の方
  • 症状が重い場合や、症状によっては医師の判断でお預かりできない場合があります。

ご利用の際お持ちいただくもの

・昼食・飲み物(多めに)・おやつ(2回分)・着替え、紙おむつ等 
 ※持ち物にはすべて名前の記入をお願いします。

ご利用方法

・事前登録(病児事業利用登録申込書)の提出が必要です。
  (下記からダウンロードできます。)
1.利用申し込み
当日午前11時30分までに白鳥病院で受診後、申込みしてください。
2.診察
小児科外来で診察を行い、病児保育室でお預かりできるかどうかを医師が判断します。(診察結果等によっては、お預かりをお断りすることもあります。)
3.お預かり
医師・看護師の指導のもと、保育室で保育士が保育看護します。
4.お迎え
午後6時までに、直接、病児保育室にお越しください。
お迎え予定時間に迎えに来られない場合は、必ず連絡をお願いします。
5.お支払
会計窓口にて、利用料金をお支払ください。
6.その他
病状や人数によっては、受付の段階で保育をお断りすることもあります。
利用予約を2日以上されていた場合、キャンセルされる方は午前9時00分までに、連絡をお願いします。

利用日時・利用料等

利用時間 午前8時30分から午後6時まで
利用日2日目以降は午前8時00分から午後6時まで
(土日祝日及び年末年始は、お休みです。)
保育場所 白鳥病院 介護棟3階 病児保育室
対象年齢 生後6か月から小学3年生まで
利用料 1日 2、000円

病児・病後児事業利用登録申込書 ダウンロード